首いぼのぽつぽつを予防する方法

首にできる主なぽつぽつは、アクロコルドンや軟性線維腫といわれるものです。

首イボができる原因は、肌の老化が原因と言われています。

いぼにはウイルスが原因のものもありますが、首にできるアクロコルドンや軟性線維腫のぽつぽつはウイルスが原因ではないので、放置していても問題ありません。

しかし、見た目が悪いので気になると思います。

首イボができる人は、首イボができやすい肌質になりますので、まずは今以上に増えないようにしっかりと予防対策することがが大切です。

首元は紫外線が当たりやすい部位で、紫外線の影響で首イボができてしまいます。

顔には日焼け止めを塗って紫外線対策をしている方が少なくありませんが、首の紫外線対策についてはきちんとやっている人は少ないのではないでしょうか。

紫外線は肌にダメージを与え、肌老化を進行させますので、首にできるぽつぽつを防ぐためには紫外線対策が重要です。

冬場であればハイネックの服を着たり、スカーフを巻くなどすると紫外線防御になります。

また、ハイネックを着たりスカーフを巻けば、首元のぽつぽつを隠すこともできますので、首イボが目立たない時期にしっかりと保湿ケアをして改善するようにしましょう。

首元が開いた服を着るときには、日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めの塗る量が少ないと紫外線をしっかりカットしてくれないのでたっぷりと塗るようにしましょう。

衣服の摩擦や汗で日焼け止めが取れてしまう可能性もあるので、高い紫外線カット力を維持するなら2~3時間に1回塗り直しをすることが重要です。

首元の紫外線対策をする場合は、顔に日焼け止めを塗るついでに首にも塗っておけば忘れにくいので同時に塗るようにしましょう。

首イボの予防対策や改善方法については、首イボ取り方naviなどのメディアが参考になると思います。